三十三間堂

三十三間堂
三十三間堂

三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)は京都市東山区にある仏堂。建物の正式名称は蓮華王院本堂(れんげおういんほんどう)。後白河上皇ゆかりの寺院で、 三十三間堂の名は、内陣の柱間が33あることに由来します。堂内に安置される、千手観音坐像(せんじゅかんのんざぞう)と千体千手観音立像(せんたいせん じゅかんのんりゅうぞう)は、まさに圧巻です。初春の風物詩「三十三間堂の通し矢(弓引き初め)」が行われることでも有名です。

  • 【所在地】
    〒605-0941
    京都市東山区三十三間堂廻町657
  • 【創建年】
    長寛2年(1165年)
  • 【開基】
    後白河天皇
  • 【札所等】
    洛陽三十三所観音霊場第17番
  • 【拝観時間】
    8:00~17:00
    (11月16日~3月31日は9:00~16:00) 受付終了は30分前
  • 【拝観料】
    一般600円
    高・中学生400円
    子供300円
  • 【アクセス】
    京阪電車 「七条駅」(徒歩7分)
  • 【HP】
LINEで送る

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestDigg thisEmail this to someone
Posted in 洛中エリア.