三千院門跡

autumn-leaves monzeki
三千院門跡
三千院門跡
三千院門跡
三千院門跡

三千院門跡(さんぜんいんもんぜき)は、京都市左京区大原にある天台宗の寺院。三千院は最澄が比叡山に建てた小堂が始まりで、平安末期に門跡寺院となり、その後、近江坂本、京都市中と移動しました。豊臣秀吉が建てたとされ、作家の井上靖が「東洋の宝石箱」と称賛する二つの苔庭(聚碧園・有清園)がまさに見事であります。

  • 【所在地】
    〒601-1242
    京都市左京区大原来迎院町540
  • 【創建年】
    延暦年間(782年-806年)
  • 【開基】
    最澄
  • 【宗派】
    天台宗
  • 【札所等】
    西国薬師四十九霊場第45番
    近畿三十六不動尊霊場第16番
  • 【拝観時間】
    3月~10月 9:00~17:00(閉門17:30)
    11月    8:30~17:00(閉門17:30)
    12月~2月 9:00~16:00(閉門16:30)
  • 【拝観料】
    一般 700円
    中学生 400円
    小学生 150円
  • 【アクセス】
    京都市バス 「大原」(徒歩10分)
  • 【HP】
LINEで送る

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestDigg thisEmail this to someone
Posted in 洛北エリア and tagged , , .