金閣寺(鹿苑寺)

worldheritage
金閣寺
金閣寺
金閣寺
金閣寺
金閣寺
金閣寺
金閣寺

金閣寺(きんかくじ)は、京都市北区にある臨済宗相国寺派の寺。相国寺の境外(けいがい)塔頭である。正式名は鹿苑寺ですが、舎利殿「金閣」があまりにも有名なため一般的に金閣寺と呼ばれています。鏡湖池に臨む三層の楼閣は二層・三層に金箔をはった室町期楼閣建築で北山文化を代表する建築物。3代将軍足利義満の死後、遺言により夢窓国師(むそうこくし)を開山として、臨済宗相国寺派の寺となります。1994年(平成6年)に「古都京都の文化財」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に 登録されています。

  • 【所在地】
    〒603-8361
    京都市北区金閣寺町1
  • 【創建年】
    応永4年(1397年)
  • 【開基】
    足利義満
  • 【開山】
    夢窓疎石
  • 【宗派】
    臨済宗相国寺派
  • 【札所等】
    神仏霊場巡拝の道 第93番
  • 【拝観時間】
    9:00~17:00
    ※特別拝観時は時間が異なることもあります
  • 【拝観料】
    大人・高校生以上400円
    小・中学生300円
  • 【アクセス】
    京都市バス 「金閣寺道」(徒歩3分)
  • 【HP】
LINEで送る

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestDigg thisEmail this to someone
Posted in 洛西エリア and tagged .